Windows10のフォトが重い・遅い!軽い画像ビューア「IrfanView」に乗り換えよう [代替] [ソフトウェア]

Windows10

Windows10を使っていて不満に思っていることが1つあります。それは画像ビューアのフォトがとても重いことです。画像を見るのに何十秒もかかるので、軽い画像ビューアに乗り換えることにしました。

Windows10にWindowsフォトビューアーはない

ちなみにWindows10にはWindowsフォトビューアーはインストールされていません。Windows10のフォトの重さに耐えられない方は、軽い画像ビューアをインストールして使いましょう。

おすすめの軽い画像ビューアIrfanView

IrfanViewは国内でも海外でも一番人気のある画像ビューアです。読み方は「イルファンビュー」です。10年以上改版を重ねている歴史のあるアプリなので安心して使用できます。

IrfanViewのインストール手順

1以下のURLからIrfanViewをダウンロードします。お使いのOSに合わせて32bit版、もしくは64bit版をダウンロードしてください。
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/irfanview/

OSが32bitか64bitかわからない方はこちらをクリックしてください。

IrfanViewダウンロード

2ダウンロードしたファイルを実行します。

3そのまま [次へ] をクリックします。

Irfanview

4[次へ] をクリックします。

Irfanview

5そのまま [次へ] をクリックします(拡張子の関連付けは、後でWindowsの設定で行います)。

Irfanview

6そのまま [次へ] をクリックします。

Irfanview

7インストールが完了しました。 [Done] をクリックします。

Irfanview

IrfanViewのWebサイトが開くので閉じてください。IrfanViewのアプリも起動するので一旦閉じてください。

8次にWindowsの設定を行います。画面左下のWindowsボタンをクリックし、歯車のアイコン(設定)をクリックしてください。

9[既定のアプリ] をクリックし、 [ファトビューアー] の [フォト] をクリックし、 [IrfanView] をクリックしてください。

Windows10の拡張子の関連付け

これで画像ファイルを開く時にIrfanViewで開くようになりました。

10任意の画像ファイルをダブルクリックすると、IrfanViewで開かれることを確認してください。

※OSが32bitか64bitか確認する方法

不要な方は読み飛ばしてください。

1画面左下のWindowsボタンをクリックし、歯車のアイコン(設定)をクリックしてください。

2[バージョン情報] をクリックし、 [デバイスの仕様] の [システムの種類] を確認します。ここに32bitか64bitか記載されています。

IrfanViewの使い方

画像を開く

画像をダブルクリック(または選択してEnter)すると、IrfanViewで画像が開かれます。

次の画像、前の画像の表示

キーボードので次の画像、で一つ前の画像を表示します。

画像の削除

削除したい画像を表示している状態でDeleteを押します(ツールバーの×のアイコンでも可)。確認ダイアログもなく画面にも変化はありませんが、次の画像へ移動して一つ前に戻ると画像が削除されていることを確認できると思います。

画像の全画面表示/全画面表示解除

Enterで全画面表示/全画面表示解除できます。デフォルトの設定では、画像の大きさが画面にフィットしないので、以下の操作で設定を変更します。

1ツールバーの [Show Fullscreen options…] をクリック。

2[Fit to screen: all images/movies] を選択。

3全画面表示している時に左上に画像のファイルパスが表示されます。これを非表示にするには、同じ設定画面の [Show Text:] のチェックを外してください。

4[OK] をクリック。

日本語化について

アプリの言語は英語ですが、画像を開くだけですので、特に困ることはないかと思います。日本語化も可能です。方法については本記事では割愛しますが、「IrfanView 日本語化」で検索すると、説明している記事がすぐに見つかります。

おわりに

これで激重フォトからの呪縛が解かれました。フォトだけでなくてWindowsフォトビューアーもインストールされていたらいいんですけどね。

こちらの記事もどうぞ


スポンサードリンク