[Search Console] VALUE-DOMAINで取得したドメインでDNSレコードでのドメイン所有権を確認する方法


私は、VALUE-DOMAINでドメインを取得し、さくらインターネットのレンタルサーバでサイトを運営しています。Search Consoleでドメインの所有権を確認する際に、DNSレコードの設定をする必要があります。ネットで調べてもよくわかりませんでしたが、なんとかSearch Consoleでドメインの所有権を確認することができました。誰かのためになるかもしれないので、その手順を記事に残します。

ネームサーバーの設定

サーバーはさくらインターネットのものを使っていて、VALUE-DOMAINでのネームサーバーの設定で「ns1.dns.ne.jp」「ns2.dns.ne.jp」と登録していました。これを元の値に変更します。

ネームサーバーの設定画面で「VALUE-DOMAIN独自のネームサーバー(国内)」を選択します(「ns1.value-domain.com」「ns2.value-domain.com」…と自動で入力されます)。

DNSの設定

Search Consoleの「DNS レコードでのドメイン所有権の確認」の画面で、TXTレコード(google-site-verification=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx_xxxxxxxxxxxx)をコピーします。

VALUE-DOMAINのDNS設定の画面で、以下のように入力します。

txt @ google-site-verification=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx_xxxxxxxxxxxx

DNS の変更が適用されるまでに時間がかかるため、しばらく待ちます。私は1時間半ほど待ちました。DNS設定の変更が反映されるまでに最長24時間ほどかかる場合もあるそうです。

ドメイン所有権の確認

Search Consoleの「DNS レコードでのドメイン所有権の確認」の画面で、「確認」ボタンを押します。この時、表示されるDNS TXT レコードを見て、DNSの変更が適用されていないようであれば、時間が経ってから再度「確認」ボタンを押します。

ネームサーバーの設定を戻す

ドメインの所有権の確認が終わったら、ネームサーバーの設定を元に戻します。以上です。

おわりに

ネームサーバーを切り替えるとWebサイトが見れなくなるので、サイトの運営前に設定したり、アクセスの少ない夜中に設定するなど工夫してください。


スポンサードリンク